お茶漬けのしみとふるーつ寒天

お手紙風ブログ。それから本と映画、デザイン、アートとなんやかんやを赤裸々に。

「vanity in the innocent utopia」作品と解説

「vanity in the innocent utopia」
純潔な理想郷の虚

夏目漱石の『夢十夜』、
ラファエロ前派の「オフィーリア」
の世界観をオマージュした作品。

夢十夜』の第一夜に登場する貝は
女の墓を掘るために使用される。
また、死んだ女の肉体からは花が咲く。

「オフィーリア」には
花に囲まれた水面に浮かぶ死体という構図がある。




これは墓場だ。

水面に浮かぶ柔らかな色彩の花々や
星のように光る銀色の砂、
花が中に閉じ込められた水晶、
真珠。
黄金色の松、
清廉な水辺。
錦のように光る貝殻。

それらは全て
今生の別れを終えた後の世界に相応しいものに思える。

完璧にしつらえられた死後の寝床。

誰もが心地よい場所であるという印象を抱くだろう。

しかし、死後の世界は美しいものであると想像することは正しいのだろうか。

その世界に一度足を踏み入れて仕舞えば、二度と元の世界には戻れない。

当然だ。

死んでいるのだから。


黄泉の国では人は身動きが取れない。
そして孤独だ。

美しいフィクションのような空間の中で魂を縛り付けられ、
一生眠り続けることは、
まさに肉体と精神の死そのものだ。

滑らかに青白い左胸。そこから伸びた真紅の花。
死を糧にして生きている。

そこではもう、自分という存在以外の何かが息をしている。

標本のように存在することしか許されない。



完全な純潔というものは、
果たして人を安らかにするものだろうか。

全く穢れなく生きることは
人間にとって不可能だ。

常に正しくあること、
常に純粋であること。
それらは人を苦しめる。

この世は綺麗事では生きられないのだ。

穢れたもの、清らかなもの。

これらが共存するからこそ、
人間としての実像が浮かび上がって来るのではないだろうか。