お茶漬けのしみとふるーつ寒天

お手紙風ブログ。それから本と映画、デザイン、アートとなんやかんやを赤裸々に。

アートレポート

野生展 飼いならされない感覚と思考

この展示における「野生」の定義とは、私たちの心の中に眠っている、飼いならされていない、管理されていない、何者にも囚われていない自由な領域のことだ。これが目覚めることによって私たちは新しい分野において活躍をすることができる。 《Between You An…

レアンドロ・エルリッヒ展 見ることのリアル

《雲》 ブリテン島、日本などの国や島が雲という形で表現された作品。自然の地形というものは本来変化していくものである。それに抗う形で人間が国境線を引き、自分たちのルール、もしくは秩序として取り決めている。それが地図だ。そして雲は瞬間的に絶えず…

青森県立美術館 常設展

《あおもり犬》(奈良美智) シンボル的存在。作品名はおそらく「青森県」と掛け言葉になっている。秋田犬、などさまざまな品種がいるが、青森犬は聞いたことがない。雪のように真っ白で陶器のように滑らかな肌は神々しささえ感じる。閉じた瞼の下で何を見てい…

十和田市現代美術館 常設展

《フラワー・ホース》(チェ・ジョンファ) 入り口からカラフルな彫刻がお出迎えする。この美術館のシンボル的存在であるその動物は十和田市のモチーフ的な存在だ。ちなみに、青森は寒立馬が有名。カラフルに咲き誇る花々は市の華やかな未来を謳っているように…

they all look the same パオラ・ピヴィ展

ペロタン東京にて。パオラピヴィ展を観てきた。"they all look the same" 都市を見下ろして宙に浮かぶホッキョクグマと、 クジャクの羽のついた車輪。ホッキョクグマは その気になれば人を襲い、捕食することが出来る 食物連鎖の上位にいる存在。人々よりも…

サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

サンシャワー展に行ってきた。 sunshowerは天気雨のことだけど、 もしこの風鈴みたいな雨が降ってたら 喜びの雨、恵みの雨、 って思いそう。 生きていく場所を追われた人たちの展示の後にこの展示があった。 冒頭の展示の "親切にありがとう。神の祝福があり…