お茶漬けのしみとふるーつ寒天

お手紙風ブログ。それから本と映画、デザイン、アートとなんやかんやを赤裸々に。

サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

サンシャワー展に行ってきた。

sunshowerは天気雨のことだけど、
もしこの風鈴みたいな雨が降ってたら
喜びの雨、恵みの雨、
って思いそう。
生きていく場所を追われた人たちの展示の後にこの展示があった。

冒頭の展示の
"親切にありがとう。神の祝福がありますように"
という言葉の、
「神の祝福」
がサンシャワーなのかな
とか色々考えさせられる展示だった。

"There's no more free."
という言葉があったけど、
経済発展を遂げる中で失われたものはどれだけあっただろう。
半分に断裂された家、追い込まれる文化、人間、そして居場所を失う動物たち。
工事現場の騒音に掻き消される
人々の悲鳴。苦しみ。
それらをアートという形で
生々しいものも含めて
現実として向き合わさせてくれた。


経済が文化を侵食しても、
アートという形で前向きに残そうとする姿勢を見ることが出来た。
これは陶器だけど、
花と天使の象徴らしい。
陶器といえば
大量生産される物質的なもの、
という見方をされがちだけれど、
何かを象徴させることで、
スピリチュアルな意味を配列的なものの中に潜り込ませている。


「崇拝のアイロニー
これはセンザンコウ
センザンコウといえば、
密猟や違法取引で有名な絶滅危惧種の動物。
人々から鱗などに効力があると思われることで、
偶像として崇めたてるために密猟されれば
それは悲哀である、
という意味が込められていると思った。

急速な経済成長の中で失われたもの。
それは
文化
場所
動物
そして精神
そして人間でさえもが
事件により殺されたということを伝える展示があった。

人間が栄えるために行われていることが、
同じ人間を精神的に殺し、
存在さえも消そうとした。

同じ人間だけど、
優位に立つ者は
文化的にも精神的にも
人々を沢山殺している。

それはけだもの、もしくはそれ以下かもしれない。

だけど失われてしまったものはもう戻らない。

陶器の展示のように前向きなものもあったけれど、
悲哀や憤怒の感情を
前半で
強く、赤い激しい色と共に感じた展示だった。

だけど赤い色は
生命力
という意味合いも色彩心理学では持っている。

最後のサンシャワーのような風鈴が、
東南アジアの人々のこれからを表しているのかもしれない。

そう願う。

選んでいくもの

金と愛どちらが大切か
という議論は結論を出す必要は無い。

貧しくて死活問題抱えてる人はお金が大切だっていうだろうし、
余裕がある人は愛って答えるだろうから
結論を出すことに意味は無い。

それに、違う考え方もあると思う。
愛があればお金も貰える、みたいな。
哀れみ(愛しみ)があればその可哀想な相手に食べ物のためのお金を渡す。
偽物の愛でお金を貰うこともできる。
色々な場合がある。

私は強欲だから両方欲しいと思ってしまう。

この問いかけは
合理主義か観念主義かと同じなのかもしれない。

順番としては
子供から大人になるにつれて、観念主義から合理主義になる傾向がある。
でもどちらも持っていないと生き辛い。

完璧な半分じゃなくていいから上手く使いこなさないといけない。
そう思う。

どちらか片方だけかもしれないし、順番が違って両方貰うことだってあるかもしれない。

どちらにしても、人を介しているのは間違いない。
何を選べば幸せになれるのか、よく考えていかなきゃいけない。

普通の生き方


拝啓
どこかの誰かに届きますように

今日は、昨日の話に少し関わる話。
世間一般的によく言われる
"普通"
という概念について。

まともとか、普通とか、
そんな概念は本当は定義付けられない。

世の中を秩序のある状態にするために
とりあえず決められているだけ。
皆少しずつ変な所は持ってる。

個性という言葉の存在意義はそこにある。

量産型だってよく見れば、
話してみれば違いがある。
ロボットな訳では無いし
皆が皆同じ生き方で、同じ経済状況で、同じ体験をすることはあり得ないから違いがある。

嫌われるのは、その秩序、決められた最低限のルールから大きく外れている人かもしれない。

反社会的要素を持った人達。

でも元々はそういった人間ではなかったのかもしれない。

好きで反社会的行動を起こしている訳では無いケースもあるのかもしれない。
何かきっかけがあってそうなることが多いと思う。

生まれつきなのは珍しいんじゃ無いだろうか。私にはよくわからないけど。

別の理由では、平均水準から能力や外見が優れているパターン。
そういう人は何も悪いことしてないし、唯のやっかみで嫌われてしまっているから気にする必要は無い。本当は。

だから自分は普通じゃない、ってことで悩んだり逆に思い上がるのは違うと思う。

それから、完全な模範を目指すっていうのは実はかなり無理をしているし、苦しいし、

わざわざ世の中の皆のために自分を苦しめてまで目指す必要ある?その人生誰のもの?

って思っちゃうけどそういうスタンスの教師には申し訳ない。

開放的に、自由にのびのびしたい。

問題が明らかにある場合は頑張って直して囚われずに生きたい。

テンプレートの幸せや生き方なんてどこにも存在しないから。

自分以外の誰かのための幸せも。

かしこ

生と死のはざまで

拝啓 冥界のあなたへ

今日はドライフラワーを作った。
花瓶に挿してあった枯れかけの花を吊るし上げて、
まさに死にかけからの黄泉がえり
といった感じ。
枯れかけの状態から、美しいといって飾られる。
吊るし上げて逆さまにしたら蘇るというのも不思議だ。
普通は死んでしまうのに。

人間もそうだったらいいのになんて思う。

前置きはこれくらい。ここからは芸術家の話について妄想したことのあれこれを綴る。

頂点にいるアーティストは狂ってたり気分の上下が激しかったりして
苦しみながらその地位を手に入れているというイメージだから、
そんな神聖なものに簡単に「なりたい」とは思ってはいけないんだと感じている。

少しの変人ぽさという名の個性だけ持ってればいいんだと思う。
そうしないと壊れてしまう。
いくら生と死の狭間で揺れるエネルギーに惹かれても自分がそれになろうとすることは自身で自己を破壊することだと思ってる。

精神病理を本当に理解するということは、精神病理的な体験をしているということ。
自分をその世界に没入させるということ。
実際に体験しなくても、仮想的に体験するということ。
普通の人がそれをすれば痛みを理解して苦しむ人に対して優しくなれるかもしれないけど同時に共感しすぎて自らも病むということ。
そうなったらもう共倒れで救いようが無いから、自分のことが人間は一番大事だっていうのは正しいんだ。
そういう場面においては、の話。
死んでしまえば何もかも終わりだし、救いたい人や話したい人、もっとふれあいたい人がいたとしても出来なくなる。
相手だって会えなくなる。
自分の世界には何も無いし見ることも叶わないけど、おいてきぼりにした世界は流れ続けるし変化もある。
良くも悪くも。
そういう風に考えると無責任なことは出来ないし不安になるから死にたくないなって思わない?

正直、自分の死後に恋人が他の人とイチャイチャしてたら
なんだ、私のこと好きじゃなかったんだ、
とか一瞬でも嫉妬するんじゃないかと思う。
本当に恋人のこと好きなら。
好きだから許せるような美しい人間にはなれない。
時間が経たないと許せない。
冥界の人間ではないからよくわからないけれど。

かしこ

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』真実をつきつめることだけが大事ではない


【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信)|ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

これは発達障害の少年の話だ。
だが、次からは
敢えてその言葉を使わずに感想を綴っていこうと思う。

冒頭は、主人公オスカーの独特な思考から始まる。

「死んだ人はそのうち生きているひとの数を超えるから、
埋める場所として地下の高層ビルを建てればいい。
死後の世界の上に生きている世界があるからちょうどいい」

という趣旨の語りから物語は始まる。
この"高層ビル"のイメージは
9.11のワールドトレードセンターから想起されている。
その日にオスカーの父親は亡くなった。


繊細すぎる少年の独特な語り、表現がとても深かった。
例えば

「太陽が爆発しても人間は8分間気づかない、パパとの8分間ももう戻ってこない」

繊細過ぎて苦手なものがたくさんあるオスカー。
だめなやつだと思わないで!!
父親に訴える姿が懸命であり、痛々しくも感じた。
父親がオスカーが
普通とは違うと疑っていることをオスカー自身が耳にしてしまっているから
尚更痛々しかった。
それでも、
父親との距離はとても近いものだった。

母親よりもずっと一緒にいる時間が長く、
オスカーは父親がおそらく一番の理解者だと思っていただろう。

そんな父親が9.11で留守電を数件残し、最後のメッセージで消息は途絶えた。
最後のコールをオスカーはその場で聞いていたが、
亡くなるかもしれない父親の声を聞くことが恐ろしく、
電話に出ることが出来なかった。

そのことを後悔し、たまたま父親の遺品の鍵を手に入れた時、その鍵に合う鍵穴を探す"調査"へと出かける。

オスカーは調べることはとことん調べる。
その中で、ネットの動画でワールドトレードセンターから父親のような影がビルから落ちていく様子を見つけてしまう。
そんな生々しいものを見つけてもなお、
父親に関する手がかりを見つけ出したい一心で人を訪ね歩き続けるが、
それは傍から見れば傷ついているようにしか見えなかった。
"パパを恋しく思わないためのブラック探し"
は傷つくだけだったのだ。

賢くはあるが、自分で自分が傷ついていることを無視して、
我慢して父親の手がかりを探すオスカー。

その中で、他人だといって近付かなかった"間借り人"と途中で調査を始める。
間借り人との調査を通して、
オスカーはそれまで苦手だったものを克服していく。
話すことが出来ない間借り人はオスカーと同様に、
心に大きな傷を負っている。
だからこそ、オスカーの理解者になれたのだろう。
傷ついたもの同士、
話すのが苦手なもの同士、
そして実は間借り人は血の繋がりのある祖父だからそれは至極当たり前のことだ。

鍵と一緒にあったメモを頼りにブラックという名の人物を訪ねる中、
大事なものを失っている、
だから同じようにオスカーに優しく出来る人々に彼は出会う。
それは彼自身が自分で気づいているかもしれない。

ただ、
一番オスカーと同じように傷ついてきたのは
すぐそばに居る人物、
オスカーが距離を置いていた母親だった。

「ものすごくうるさくて」
というのは事件をきっかけにして音や声、
乗り物などに過剰に敏感になり恐怖を感じていたこと、
「ありえないほど近い」
のは母親との内面的距離のことだ。

オスカーは
人の気持ちが推し量れない"障害者"
では無い。

繊細過ぎて生きづらい、
少し発想が違うだけの、
人を愛することが出来る一人の人間だ。

考えても答えのわからない、
理屈で割り切れないこと、
それは愛情も当てはまるだろう。
それをオスカーは最後に理解し、感じ取ることが出来た。

父親が残した鍵は、
父親の手がかりにはならなかったが、
オスカーが新しい世界の扉を開くための鍵だったのかもしれない。

"ブランコを限界まで漕いでジャンプする瞬間"
まで、
辿り着いたオスカーだからこそ
色々なものを克服し、

「どんなに、願っても戻ってこない
だけどなんとかやっていけそう
何も結果が出ないよりがっかりする方がいい」

そんな言葉で物語は締めくくられる。

「真実は人を自由にする」
そんな父親の言葉を信じていたが、

母親から言葉で説明出来ない何かを受け取り、

信じることが出来るようになった少年の話。

【和訳】Something just like this/The Chainsmorkers


The Chainsmokers & Coldplay - Something Just Like This (Lyric) - YouTube
I've been reading books of old
古い本を読んでいるよ
The legends and the myths
伝説と神話さ
Achilles and his gold
アキレスと金貨
Hercules and his gifts
ヘラクレスと武器
Spiderman's control
スパイダーマンの巣
And Batman with his fists
それからバットマンの拳
And clearly I don't see myself upon that list
それからはっきりと僕はそれらを見れなくなった

But she said, where'd you wanna go?
でも彼女は言うのさ 何処にいくのかって
How much you wanna risk?
どれほど危険を冒すのかって
I'm not looking for somebody
誰のことも探しちゃいない
With some superhuman gifts
スーパーマンのギフトだっていらない
Some superhero
スーパーヒーローたち
Some fairytale bliss
おとぎ話みたいな幸せ
Just something I can turn to
今まさに変えられる何かを
Somebody I can kiss
僕がキスする誰かを
I want something just like this
ちょうどこんな何かが欲しかったんだ
Doo-doo-doo, doo-doo-doo
Doo-doo-doo
Oh, I want something just like this
あぁ、ちょうどこんな何かが欲しかった
Doo-doo-doo, doo-doo
Doo-doo-doo
Oh, I want something just like this
あぁ、ちょうどこんな何かが欲しかった
I want something just like this
こんな何かが欲しかったんだ

I've been reading books of old
古い本を読んでいるよ
The legends and the myths
伝説と神話のさ

The testaments they told
彼らの説話

The moon and its eclipse
月食が起こって

And Superman unrolls
スーパーマンがよみがえる

A suit before he lifts
彼にぴったりのスーツ

But I'm not the kind of person that it fits
だけどそれは僕には似合わないものなんだ

She said, where'd you wanna go?
彼女は言うのさ 何処にいくのかって

How much you wanna risk?
どれほど危険を冒すのかって

I'm not looking for somebody
誰のことも探しちゃいない

With some superhuman gifts
スーパーマンのギフトだっていらない

Some superhero
スーパーヒーローたち

Some fairytale bliss
おとぎ話みたいな幸せ

Just something I can turn to
今まさに変えられる何かを

Somebody I can miss
僕が恋しく想う誰かを


I want something just like this
I want something just like this

Oh, I want something just like this
Doo-doo-doo, doo-doo-doo
Doo-doo-doo, 
Oh, I want something just like this
Doo-doo-doo, doo-doo
Doo-doo-doo, 

Where'd you wanna go?
How much you wanna risk?
I'm not looking for somebody
With some superhuman gifts
Some superhero
Some fairytale bliss
Just something I can turn to
Somebody I can kiss
I want something just like this

Oh, I want something just like this
Oh, I want something just like this
Oh, I want something just like this

作品のうまれかた



RADIANTLYさんの作品一覧 | ハンドメイドマーケット minne
https://www.instagram.com/p/BOKS5KcAVct/
「WAO!!」#art #artwork #artstagram #instaart#芸術 #美術 #work #photoshop #絵 #illustration #painting #picture #drawing #動物 #animal#colorful #色とりどり #彩 #カラフル #こっちみんな #gaze #monkey #猿 #lemurcatta #ワオキツネザル #青 #緑 #しっぽ #tail

ハンドメイドやデザイン作品制作にあたり
意識していることがある。

それは作品の形態にもよるけれど、

表面的には動的であること、
アングル、色使い、ストーリー性、
インパクト、遊び心、デッサン
といったことたち。

内面的には
心象風景を映し出しているかどうか。

ノスタルジーや優しさを感じるかどうか。

そしてこれらの要素が
ぼんやりとしたベール
ーーそれは空気であったり水であったり光であったりするー
に、包み込んで表現されているということ。

秘すれば花なり、
と言うように
その作品の内面まで手を伸ばして、
原石を掘り出すように
何かを見つけ出してほしいと思う。

私は作品の良さが見れば見る程
じんわりと見る者の心に沁み渡るようにしたい。

透明な水も、
深く潜っていけば色深くなっていく。
潜れば潜るほど
誰も見たことの無い何かに出会える
という好奇心が刺激される。

目には見えない
抽象的な事物
を表現できたらなあと思う。

繊細さ、深み、重み、抽象性
という要素を含ませたい。

世界観のモチーフとしては
ベッドサイドや白昼夢、日向、水の中など。

その人の傍にひっそりと寄り添うようなストーリー性をもたせたい。

『voice』という田村尚子さんの写真集があるけれど、
そのイメージに憧れを感じる。

抽象的であり、
だけど意味はあって、
光と影が上手く共存していて、

それが化学反応を起こしたかのように
ファンタジックな世界
を映し出している。

何気ない日常を切り取り
普段私たちが見ることのできない、
意識の向かないところを見せてくれる一冊だ。